[先頭]  <<    19   20   [21]   22   23   >>   [最後]
2012年02月11日(土)

第478回 報徳ゼミナール開催のお知らせ(2月12日)

第478回(小田原298回)報徳ゼミナールを下記の通り開催いたします。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第478回(小田原298回) 報徳ゼミナール 
演題:文豪たちの二宮尊徳
講師:報徳博物館館長代理
     齋藤 清一郎
日時:平成24年2月12日(日)午後2時~
料金:無料
場所:報徳博物館3階研修室
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

2012/02/11 12:17 | 報徳ゼミナール

2012年01月08日(日)

第66回 中国を知ろう会開催 1月22日14:00

第66回 「中国を知ろう会」
中国語には多様性と差異性が溢れている。13億の中国人皆が話せるとはいえ、発音の上で方言差が非常に大きい。
しかし、同時に色々な方言を統一できる一つの絆とする漢字もある。
方言を代表とする中国語の特色を簡単に紹介します。

[日 時]  平成24年1月22日(日)午後2時~
[場 所]  報徳博物館研修室 (3F)
[料 金]  無料
[テーマ]  “中国語の世界を散策しましょう”
[講 師]  報徳博物館留学研究生
       北京大学外国語学部日本語学科院生
       蒋  楊(しょうよう) 氏

2012/01/08 14:45 | 中国を知ろう会

2012年01月08日(日)

第226回 古文書に親しむ会のお知らせ(1月15日)

第226回古文書に親しむ会のお知らせです。

明治10年代の富田高慶書簡を読みます。
相馬在住の富田が、  報徳仕法振興策などについて、東京にいる大槻吉直を指導する書簡です。ここから、明治10年代における報徳仕法と明治政府との関係の一端を窺うことが出来ます。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
 
第226回 古文書に親しむ会
演題:「明治期の富田高慶の書簡  その8」 
日時:平成24年1月15日(日)午後2時~
場所:報徳博物館研修室 3階
 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

2012/01/08 14:37 | 古文書に親しむ会

2011年11月27日(日)

第225回 古文書に親しむ会のお知らせ(12月18日)

第225回古文書に親しむ会のお知らせです。
宝暦10年(1760)に出版された手紙の書き方の手引き書。二宮尊徳の息子尊行の蔵書を読みます。
 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
 
第225回 古文書に親しむ会
演題:「日用贈答書札辨惑集(にちようぞうとうしょさつべんわくしゅう) その12」 
日時:平成23年12月18日(日)午後2時~
場所:報徳博物館研修室 3階
 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

2011/11/27 18:00 | 古文書に親しむ会

2011年11月27日(日)

第476回 報徳ゼミナール開催のお知らせ(12月11日)

第476回(小田原296回)報徳ゼミナールを下記の通り開催いたします。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第476回(小田原296回) 報徳ゼミナール 
演題:二宮金次郎にみる実践モデル
     ~臨床教育への手がかり~
講師:親子をつなぐ学びのスペース「リレイト」
     代表 中桐 万里子氏
日時:平成23年12月11日(日)午後2時~
料金:無料
場所:報徳博物館3階研修室
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

2011/11/27 17:49 | 報徳ゼミナール

[先頭]  <<    19   20   [21]   22   23   >>   [最後]

RSS