報徳流地方創生塾 小田原特別編

3月12日(木曜日)18:00~ お堀端コンベンションホール

 

【開催日】令和2年3月12日(木曜日)
【時 間】18:00~21:00
【人 数】先着300名
【場 所】お堀端コンベンションホール
【参加費】1,000 円(29 才以下無料)
*参加費は会場費や講師謝礼に充当し、残金は小田原市へ寄付します。
【お申込】 要事前申込 ホームページよりお申込みください。

【 開 催 趣 旨 】

本年は東京オリンピックという記念すべきイベントが開催される年。ここ小田原も年間を通じて様々なイベントが活発に開催されると思いますが、政治の世界では 5 月に市長選挙が行われる年でもあります。
明るい話題の反面、今年は小田原の人口がいよいよ 19 万人を割り込む年になりそうです。
これからの街の課題は、一人の首長や行政だけでは解決できる問題ではありません。人口も経済も縮小する社会の中で、私たち市民も一緒になって取り組まない限り、解決できない問題が多々あると思うのです。
令和は拡大から持続可能への時代の転換期。昔の手法や考え方ではもう適応しない時代が到来しています。だからこそ私たちは今、公も民も皆で一緒に協力しながら、より進んだ街づくりを始める時期を迎えているのです。政治的な話題には触れない方がクールだという人、無関心な人が多い世の中ではありますが、より良い街を目指し未来を担う子供たちに負担を残さないために、選挙の前だからこそ熱い議論を深め合う場を設けたいと考えました。ご賛同いただける皆さまのご来場を心からお待ちしております。お誘い合わせの上ぜひご来場ください。

第1部 現状把握

テーマ「これからの小田原が抱える課題とは?」
●人口減少・少子高齢化社会がもたらす影響
●分野別
1.出産、子育て・教育・福祉・介護医療・生活保護
2.小田原市が所有する公共施設の維持存続
3.財源となる地域経済と市民のなりわい

第2部 参考にすべき先進事例

講師 木下 斉(Hitoshi Kinoshita)
テーマ「これからの自治体が行うべき街づくりとは?」
●稼ぐ町が地方を変える~その意味とは?~
●他の自治体事例から学ぶ良い事例・悪い事例
●正しい公民連携とは?

第 3 部 トークセッション:未来のリーダーに聞く令和のビジョン

進行  鈴木 伸幸
モデレーター 鈴木 款 ( フジテレビ報道局解説委員・小田原高校卒 )
パネリスト 加藤 憲一 ( 小田原市長)
パネリスト 守屋 輝彦(前神奈川県議会議員)
【お断り】 本会は小田原市選挙管理委員会にも確認の上開催するまちづくり勉強会です。万一、当日の進行を妨げる行為や一方的な意見主張・選挙法に抵触する可能性がある行為と判断した場合は、事務局側の個別判断により即時退場をお願いする場合がございます。その際は参加費の返却も行いませんので予めご了承ください。

主催:報徳流地方創生塾 小田原特別編 実行委員会 〔報徳二宮神社・㈱ FM おだわら〕
協力:神静民報・タウンニュース・ポスト広告・公益社団法人小田原青年会議所・小田原100人カイギ
お問い合わせは事務局代行まで 報徳会館企画デザイン室 0465-23-3246

木下 斉 / Kinoshita Hitoshi

第2部講師紹介

木下 斉

一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス 代表理事・内閣官房地域活性化伝道師/ 熊本城東マネジメント代表取締役 など
高校時代より早稲田商店街の活性化事業に参画、平成12 年に全国商店街の共同出資会社である株式会社商店街ネットワークを設立、初代社長に就任。平成16 年より経済産業研究所、東京財団の研究員としてまちづくり三法の改正や世界各国の中心市街地再生プロジェクトの調査研究に従事。平成20 年熊本城東マネジメント株式会社代表取締役、一般社団法人まちづくり役場とくしま理事等のまちづくり会社の設立に従事し、札幌市、盛岡市、名古屋市、北九州市等では現地のまちづくり会社と共に自主財源事業と地区の生産性改善、再投資を繰り返す地区経営プログラムを推進。昨今では、リノベーションまちづくり、公民連携事業についても推進をする。平成22 年、これら全国各地の事業の一体的推進を行うため一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを設立。
公民連携事業機構理事、内閣官房地域活性化伝道師、中小機構中心市街地活性化アドバイザー、総務省人材ネットメンバー。
日経BP『まちづくり:デッドライン』、学陽書房『まちづくりの経営力養成講座』、学芸出版『コミュニティビジネス入門』など。

ご利用案内

開館時間
9:00〜17:00
※最終入館:16:30
一般料金
大人300円(中学生以上)
小学生以下無料
団体料金
30人以上2割引
休館日
毎週水曜日・年末年始
祝祭日の翌日ほか不定期有

開館スケジュール

2 

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 =休館日

ご支援のお願い

公益財団法人 報徳福運社
報徳博物館

〒250-0013 
神奈川県小田原市南町1-5-72
TEL:0465-23-1151
FAX:0465-23-1152

ページトップ