第322回 古文書に親しむ会を開催します

第322回古文書に親しむ会を開催いたします。
お気軽にご参加ください。
 

 『報徳記』草稿に登場するユニークな人物像あれこれ①

 今回からは、『報徳記』に登場するユニークな人物像を紹介します。
『報徳記』は、もともとは富田高慶が、報徳仕法とは何かを幕府勘定所幹部の役宅をめぐって演舌したものです。この「草稿」に尊徳の死去後、校閲や編集が加えられ、『報徳記』は宮内省から刊行されました。この「草稿」に登場する人物と編集後のそれとは大分違っています。高慶はあっけらかんと事実のままに描いています。
 そこで、この「草稿」に戻って『報徳記』に登場する人物のあれこれを見てみましょう。
 まずは谷田部藩仕法の責任者中村勘農衛から始めます。


日時 令和4年6月19日(日) 午後2時~
場所 報徳博物館 3階 研修室
講師 報徳博物館研究員 宇津木三郎
※無料


報徳博物館では、Emailでも「古文書に親しむ会」のご案内を行っています。
ご希望の方は、お問い合わせよりご一報ください。

ご利用案内

開館時間
9:30〜16:30
※最終入館:16:00
一般料金
大人300円(中学生以上)
小学生以下無料
団体料金
30人以上2割引
休館日
毎週水曜日・木曜日・金曜日・年末年始
祝祭日の翌日ほか不定期有
なお休館日の10名以上の団体の見学につきましては、別途お問い合わせください。

開館スケジュール

6 

29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

 =休館日

ご支援のお願い

公益財団法人 報徳福運社
報徳博物館

〒250-0013 
神奈川県小田原市南町1-5-72
TEL:0465-23-1151
FAX:0465-23-1152

ページトップ