国際二宮尊徳思想学会

入会のご案内

二宮尊徳

 この絵は二宮尊徳の56歳のときの肖像です。身長は182cm体重94kgの尊徳は、すぐれた体力と知力を利しての経世家で、薪を背負った少年像からは想像もつかない巨人の姿です。
 小田原の有名画家岡本秋暉が、友人釼持広吉の依頼により、天保13年(1842)夏、対談中の尊徳をひそかに写生し、仕上げたものです。秋暉は渡辺崋山にも教えを受け、明清の画風にならった花鳥図を得意としています。この年に江戸幕府の御普請役挌に登用された尊徳の風貌・気魄を最もよく伝えています。裃には家紋(石持ち地抜き木瓜)がつき、藩侯から拝領した小袖には大久保家の家紋(上り藤に大の字)がついています。


国際二宮尊徳思想学会(INSA)会則
第1条 本会は国際二宮尊徳思想学会(INSA)と称する。
第2条 本会は二宮尊徳思想に関する学術の研究、関連団体との交流及び会員相互の親睦をはかることを目的とする。
第3条 本会はその目的を達するために次の事業を行う。
  1. 二年一回学術大会の開催。
  2. 学会機関誌及びそのほか刊行物の発行。
  3. 関連団体及び学会との交流。
  4. 会員の研究に対する援助。
  5. 前条の目的を達成するために必要な事項。
第4条 本会の会員は次の五種とする。
  1. 通常会員(斯学を研究するもの)
  2. 賛助会員(斯学を賛助する個人・法人)
  3. 学生会員(大学・大学院の学生)
  4. 特別会員(学術上の功績が顕著なもの及び本会に貢献があるもの)
  5. 客員会員(斯学に関するものとする)
第5条 会員の入会は通常会員または賛助会員の紹介により理事会の承認を得ること。
特別会員の推薦は理事の紹介により理事会の承認を得ることを要する。
第6条 本会の経費は会費・寄付金及びその他の収入をこれに当てる。
第7条 会員は下記の会費を年度始めに納入するものとする。
  1. 通常会員:5,000円
  2. 賛助会員:一口 10,000円以上
  3. 学生会員:1,000円
  4. 特別会員:0円
  5. 客員会員:3,000円
第8条 会員は本会定期刊行物の配布を受け、会誌及びその他の機会において研究発表をすることができる。
第9条 本会は次の役員を置く。
  1. 名誉会長:1名
  2. 顧問:若干名(随時会長の諮問に応ずる)
  3. 会長:1名(本会を代表する)
  4. 副会長:5名以内(会長を補佐し、会長事故ある時その任を代行する)
  5. 理事長:1名(理事会を組織し、本会の経理運営を統括する)
  6. 秘書長:1名(会長及び理事長の指示を受け、本会の会務を発案して常務理事会に提案する)
  7. 常務理事:12名以上20名以内(常務理事会を構成し、本会の運営に当たる)
  8. 理事:30名以上36名以内(理事会を形成し、本会の経理運営について決議する)
  9. 監査:2名(本会の会計を監査する)
第10条 役員の任期
  1. 役員の任期は三年とする。ただし重任を妨げない。
  2. 名誉会長・顧問の任期は終身とする。
第11条 役員の選出
  1. 理事は通常役員の互選、常務理事は理事の互選による。
  2. 会長・理事長は理事の互選による。
  3. 副会長・秘書長は理事会の承認を得て理事の中から会長が委嘱する。
  4. 監査は理事会が委嘱する。
  5. 名誉会長・顧問は理事会が委嘱する。
第12条 理事会は必要に応じて作業委員会を置くことができる。
第13条 本会の会計年度は毎年四月に始まり翌年三月に終わる。
第14条 理事会は年一回会員に会務を報告する。
第15条 本会は2年毎に学術大会を会員所在国で開催する。
第16条 本会の会則変更は理事会の議を経て出席会員の過半数をもって決する。
付則
  1. 本会の本部は日本国神奈川県小田原市南町1丁目5番72号の財団法人 報徳福運社 報徳博物館内に置く。
  2. 本会の会則は2003年4月15日より施行する。
  3. 第9条の7項・8項の変更、2004年7月21日より施行する
国際二宮尊徳思想学会(INSA)役員
1.名誉会長 孫  宗 光    (北京大学日本文化研究所名誉所長・北京大学日本研究センター顧問)中国
2.顧問 福田昭夫 (衆議院議員・報徳議員の会会長・前栃木県知事)日本
加藤憲一(二宮尊徳生誕地 小田原市長)日本
関  捷 (大連民族学院前副校長・教授)中国
河野洋平 (前衆議院議長・二宮家遠戚)日本
二宮精三 (二宮尊徳玄孫)日本
大石正光 (参議院議員・報徳議員の会)日本
劉 徳有(中華日本学会会長・元文部副大臣・中国対外文化交流協会常務副会長)中国
榛村純一(大日本報徳社社長・元掛川市長・学芸大学客員 教授)日本
山 折  哲 雄(国際日本文化研究センター名誉教授・前国際日本文化研究センター 所長)日本
3.会長 並松信久 (京都産業大学副学長・教授)日本
4.副会長 海村惟一
(兪 慰慈) (華東師範大学東方文化研究センター研究員
福岡国際大学国際コミュニケーション学部
教授 文学博士)日本
馮  峰 (清華大学外国語学部日本語科主任教授) 中国
金  勲  (北京大学日本文化研究所所長・北京大学教授)中国
王  秀 文 (大連民族学院教授 国際語言文化研究センター
主任)中国
李 海珠  (釜山大学名誉教授・経済学博士)韓国
皇 紀夫  (京都大学名誉教授・前大谷大学教授)日本
5.理 事 長 草 山  昭 (㈶報徳福運社理事長)日本
6.副理事長 小笠原  清    (㈶報徳福運社常務理事・報徳博物館館長)日本
下荒地 勝治    (㈶報徳福運社理事)日本
7.常務理事 張 昇余    (西安外語学院日本語言文化学部長 教授)中国
飯森富夫    (報徳博物館 学芸員)日本
徐 暁光    (貴州省凱理学院副院長 教授 法学博士)中国
韓 東育    (東北師範大学歴史文化学院長 教授)中国
小島康敬    (国際基督教大学 教授)日本
前田寿紀    (淑徳大学教授)日本
中桐 万里子    (関西学院大学講師)日本
Robert.W.Norris    (福岡国際大学准教授)米国
王    琢    (曁南大学外国語学院副院長教授文学博士)中国
林 中明    (捷飛ソフト会社 顧問)米国
斎藤清一郎    (㈶報徳福運社評議員・報徳博物館館長代理)日本
秦     頴    (大連民族学院外国言語文化学院 副教授 
中国東北二宮尊徳研究所長)中国
宇津木  三郎    (大倉精神文化研究所事務長)日本
兪  慰剛    (華東理工大学社会与公共管理学院 教授 学術博士)中国
8.理事 新井恵美子    (㈶報徳福運社 評議員)日本
茶薗輝夫    (二宮尊徳思想研究者)日本
張 憲生    (広東外貿外国語大学日本語学部副教授 博士)中国
張 如意    (河北大学外国語副院長 教授)中国
藤本 将    (二宮尊徳思想研究者)日本
長谷川栄一    (二宮尊徳思想研究者)日本   
徐    濤    (北京外国語大学日本語学部 講師)中国
徐  冰    (東北師範大学外国語学院 教授)中国
郭 連友    (北京日本学センター 副教授 博士)中国
胡 連成    (福建華僑大学日本語学部 講師)中国
韓 立紅    (南開大学 教授)中国
木村 浩    (元今市市教育長・日光市文化協会会長)日本
北原康司    (釜山女子大学 名誉教授)日本
Dominic.Marini    (福岡国際大学)カナダ
守山文夫    (㈶報徳福運社 理事)日本
諸岡俊弘    (二宮金次郎の会 事務局長)日本
小野了司    (㈳大日本報徳社 理事)日本
王  鍵    (中国社会科学院台湾問題研究所副研究員)中国
王 精誠    (西安交通大学外語学院 教授)中国
王   珍 仁    (大連旅順近代史研究所副所長)中国
劉 文柱    (北京中医研究院 副教授)中国
劉 琳琳    (北京大学外国語学院日本言語文化学部 講師)中国
左 漢卿    (北京郵電大学外国語学部 助教授)中国
崔  嵐    (南京師範大学日本語学部 講師)中国
申  鎬    (九州大学韓国研究センター研究員)韓国
鈴木義昭    (早稲田大学 教授)日本
孫   莉 佳    (大連民族学院外国言語文化学院 助教授) 中国
立花 直    (二宮金次郎の会 代表)日本
高橋央尚    (二宮尊徳思想研究者)日本
Nicholas.W.Warren    (福岡女子短期大学)英国
山口八郎    (都立世田谷泉高等学校嘱託・中国貴州民族学院
客員研究員)日本
9.監査 河野秀雄    (㈶報徳福運社 評議員)日本
伊東秀敏    (㈶報徳福運社 評議員)日本
事務局 〒250-0013
神奈川県小田原市南町1丁目5番72号
財団法人 報徳福運社 報徳博物館内
TEL:0465-23-1151
FAX:0465-23-1152
E-mail:insa@ninomiya.or.jp
報徳博物館ブログ

報徳博物館
公益財団法人 報徳福運社

観覧時間・観覧料

開館時間 9:00〜17:00
入場時間 9:00〜16:30
一般料金 大人200円、子供100円
団体料金 30人以上2割引
休館日 毎週水曜日・年末年始
祝祭日の翌日ほか不定期有

交通アクセス

〒250-0013
神奈川県小田原市南町1-5-72
TEL:0465-23-1151
FAX:0465-23-1152